更年期からの女性の脂質異常症治療法

女性は、「更年期」を迎えるころから「脂質異常症」が起こりやすくなります。 生活習慣をしっかり改善しましょう。薬物療法が必要な場合には、必要性をよく理解し、 納得したうえで取り組んでください。
(*本文は下の方にあります)


更年期からの女性の脂質異常症治療法

■更年期女性の治療法

食生活の改善と運動が治療の基本

女性は更年期を迎えるころに、脂質の値が変化してきます。そして、「脂質異常症」「冠動脈疾患」を発症しやすくなります。 例えば、「LDLコレステロール値」は、更年期を迎えるまでは男性より女性の方が低い状態が続きます。 ところが更年期を境に、女性のLDLコレステロール値は上がり始め、やがて男性を上回ります。 それでも冠動脈疾患の発症数は、男性の方が多いのです。 これは、更年期の女性では、女性ホルモンの作用で「動脈硬化」が進みにくいためだと考えられています。 いわば女性は、それまでの”貯金”があるので、冠動脈疾患が起こりやすくなるのも男性より10年ほど遅くなるのです。 しかし、男性に比べれば低いものの、女性も更年期以降は、冠動脈疾患を起こす危険性が高まることは事実です。 予防のためには、脂質異常症、特に「高LDLコレステロール血症」の治療をしっかり行い、 脂質の値をコントロールする必要があります。

●治療の流れ

治療の基本は、食生活の改善と運動不足の解消、つまり生活習慣の改善です。 生活習慣の改善をしっかりと行うことで、脂質の値をコントロールしていきます。 生活習慣の改善を十分に行っても効果が見られない場合は、「薬物療法」が検討されます。 ただし、冠動脈疾患のリスクが高い人の場合は、生活習慣の改善と同時に薬物療法を始めることもあります。