高LDLコレステロール・高中性脂肪対策に『DPA(ドコサペンタエン酸)』

DPA(ドコサペンタエン酸)』は、オメガ3系脂肪酸の一種で、 動脈硬化の予防作用が非常に大きく、血管内皮細胞の遊走能を高める効果(動脈硬化予防の指標の一つ)では EPAの10倍以上もの効果が確認されています。またDPAには「血管新生の抑制効果」も確認されています。 血管新生とは、すでにある血管から新しい血管が伸びるもので、
この新生を抑制することは、高脂血症(高コレステロール高中性脂肪)をはじめとする さまざまな生活習慣病の予防につながると期待されています。





このページは 『DPA』 に移動しました。